初めて名刺入れを持つ時に迷わないコツ

これから名刺入れを持とうと考えている時にお店に出かけてみれば、いろんなものがあってどれにすればいいのかとても迷うのではないでしょうか。最初のうちは単なる入れ物と思って値段で購入する方も少なからずいるのですが、名刺というビジネス上でも重要な位置にあるツールをより便利に使いこなすためのものなので、しっかりと注意しながら選ばないといけません。幾つかコツがあるのですが、大きく分けて見た目や外観、そしてどのような素材でできているのかということと、最後にどのような機能性であるのかを見ていくと選びやすくなります。主に仕事上で使うことが多くなりますし、特に最初に使うものとなれば遊び心よりこれからのことを考えて他から受ける印象なども加味して選ぶことをおすすめします。

より好感を相手に持ってもらうために

ビジネス上で名刺のやりとりをするということは、自分と相手を見る良い機会となります。名刺をむき出しで持つということはほぼありませんから、名刺入れの存在は想像している以上に重要です。取り出したときには、やはり外観を見て相手もこちらの印象を大まかに計ります。デザインそのものが派手で奇抜、または高価なブランド物、それともシンプルな物なのか、これだけでも印象が全く変わってきます。デザインだけでなく、使っている素材も革や木製、金属性などいろんな種類がありますので、これらも見た目に関わってくる要素なのでじっくりと手に取ってみながら選んでみて下さい。真面目な印象だとマイナスイメージはもたれにくく、派手だと印象は強くなりますが、ビジネス上ではあまりよくない事もありますのでしっかり考えて選びましょう。

どこまで利便性を追求するとよいのか

いい名刺入れが欲しいと思いながらも他の人が持っているものと見比べつつ考えていても中々答えも出ないものです。機能性に関しても悩むところですが、相手からの見た目、動作性なども考慮して選びましょう。見ていくと、ポケットが付いていたり、たっぷりと相手の名刺や自分の名刺が入れられるものもありますし、一般のデザインとは違う変形デザインのものもあります。どれも一長一短ではありますが、大容量だとサイズが大きくなってしまいますし、そうかと思えば変形だと入る名刺を選んでしまう事もあります。悩むことも多いと思いますが、何より大事なのは保管できる数量も大切ですが、出し入れしやすく綺麗な動作ができること、すなわち相手からの印象をどうもってもらいたいかということを念頭において探すと選びやすくなります。

貴重なスモールクロコを、職人の手で作り上げました。 こだわりのレザーアクセサリーをお探しの方はGANZO(ガンゾ)へ。 本物を追求したメンズ革製品をお探しの方はGANZO(ガンゾ)へ。 日本文化を知り尽くした職人がひとつひとつ丁寧に作り上げました。 ベルトは原型づくりから磨きにいたるまで職人が手仕事で行っております。 職人が作り上げた革製品は、使う喜びを存分に味わっていただけます。 名刺入れでお探しなら「GANZO」がおすすめです