どのタイミングで名刺入れを取り出すか

ビジネスシーンで初めての人と顔を合わせるときに、最初に行う名刺交換。名刺交換のマナーは、たいていの会社の新人研修で行われますし、現場で何度も繰り返しやっていれば、そのうち体で覚えてしまっているものでもあります。とはいえ、名刺交換は「名刺を交換できれば成功」というわけではありません。間違って覚えてしまったやり方で、知らないうちに相手方に悪い印象を与えてしまい、結果として損をしているということもあるかもしれません。ビジネスマンにとって、名刺は「自分の顔」のようなもの。名刺交換は、社会人のビジネスマナーの基本が問われるシーンでもあります。ビジネスの場は、失敗すれば2回目がないかもしれない真剣勝負です。たまには初心に戻って、名刺交換のマナーを改めて確認しておきましょう。

相手に名刺を渡すときの基本マナー

上司と一緒に営業先にお邪魔するような場合、その中で一番上席の者から名刺を渡しに行きます。あなたが新人であれば、上司や先輩が先に相手に名刺を渡し、あなたは最後に名刺を渡すことになります。前の人が名刺交換を始めたら、名刺入れをポケットから出して準備しましょう。名刺を渡すときは、会社の名前、部署名、名前をはっきりと伝えましょう。当たり前ですが、名刺はきれいなものを渡しましょう。角が折れたり汚れがついていてはいけません。交換する前に、自分の名刺がきれいかどうか確認する癖をつけておくと安心です。また、交換の直前になって「名刺が無い」などということがないように、かばんやスーツのポケットには、常に予備の名刺を入れておくとともに、名刺切れのないように、机の引き出しの中に在庫の名刺をストックしておきましょう。

相手から名刺をいただくときのマナー

相手から出された名刺は両手でいただくのがマナーです。名刺入れを添えて受け取ると、より丁寧さが増します。いただく際には「ちょうだいします」と一言添えましょう。また、相手の社名や氏名に自分の指がかからないように気を付けましょう。いただいた名刺の内容はすぐに確認しましょう。珍しい名字や名前の場合、名前の読み方がわからないこともあるかも知れませんが、その際は率直に聞いて問題ありません。着席後、受け取った名刺は、自分の名刺入れに乗せて机の左上に置きましょう。相手が複数いれば、最上席の人の名刺を名刺入れに乗せ、他の人の名刺は座席順に並べます。相手の名刺の上に、協議資料が乗ったりしないように気を付けましょう。名刺は相手の分身だと考え、ていねいに扱うことを心がけましょう。