名刺を入れるだけじゃない名刺入れの使い方

名刺の交換をしていると、その量はかなりのものとなります。そこで適切な名刺入れを選ぶ必要があります。交換の際に使うコンパクトなものや、収納するための大容量のものまで色んなタイプがあります。用途に応じて適切なものを選んで使いたいものです。ここでは用途に応じて様々なものを紹介していきます。また、活用方法も紹介することで、便利な使い方を知ることができます。名刺は交換して収納すれば終わりというわけではありません。それをどのように生かすのかということも大事なポイントです。そのためにはどのように収納するのかが鍵となります。単純にもらった順番にしまい込むのではなく、活用できるように収納しておくことが必要です。さらに不要となったものはどのように処分するのかも大事なことです。

検索機能に優れた収納をすること

名刺入れを選ぶ際には、検索機能に優れたものを選ぶことも必要です。日頃から色んな人と名刺交換をする人は、その中に大きなビジネスチャンスを眠らせている場合があります。何か必要が生じた時に、手助けとなるような人を選び出せるように収納できるものが必要というわけです。例えば単純に名前順に収納していると、あとから割り込ませるために一度全ての名刺を出すという経験は誰にでもあると思います。そのような場合に備えて、バインダー式のものが便利です。そして名刺には簡単にどんな業務を行っているのか、どんな強みがあるのかを書き添えておきます。こうすることで、何か必要が生じた時に誰に頼めば良いのかがひと目でわかるようになります。このように検索機能を持たせることで、便利になります。

整理整頓しやすい方法を考えること

名刺は整理しなければどんどんたまっていくものです。いつか必要が生じるのではないかと保管しておいては、数が増える一方です。そこで名刺入れに保管する場合、業種などによって分けて保管する方法があります。その業種の中で役に立ちそうな人と、これから接点を持つことがないであろう人とを区別できるようになります。一度でも連絡を取れば頭の方に収納することで、必然的に連絡を取らなくなった人や業者は後ろの方に位置することになります。そして定期的にその後ろの名刺を処分すれば、数を増やさずに管理できるようになります。また名刺交換した時には、その相手の情報を記入しておくことも大切です。将来何かを依頼することがあるために、どんな役に立つのかを記しておくわけです。そのような記述がない名刺は、定期的に処分すれば良いわけです。