名刺入れの特徴や種類をご紹介します

ビジネスでの自己紹介は名刺交換から始まります。作法としては胸元の内ポケットから名刺入れを出し名刺を一枚抜き出し自己紹介と挨拶を交わしながら交換を行うとうものです。その時取り出す名刺入れによって相手へ与える印象が変わってきます。素材で言えばハードケース、革製、布製があります。形状で言えば二つ折りタイプ、折無しポケット一つ、折なしポケット二つタイプ、薄型タイプ、厚さありタイプ等に分類できます。色も様々な種類が揃っています。また持たずに財布やパスケース、手帳などで代用するという方法もあります。但し持たないという選択肢を取るという人はほとんどおらず名刺交換の際に財布などから名刺を出したらかなり不躾な印象を相手に与える事になるかもしれません。どのような物があり、それがどういうものなのか詳しくご紹介してみます。

選ぶ素材によって印象が変わります

素材としては金属製、革製、布製が多いです。ごく稀に木製のものもあります。まず金造製ですが中に入れている名刺の形が崩れにくく実用的です。しかしビジネスマナーで名刺交換の際に相手の名刺をケースに添える事になるのですが、その時に金属製だと相手に対して失礼にあたるという事を主張される方がいます。必ずしもそう取らない人もいますが相手のマナーへの考えがわからない以上避ける方が良いでしょう。金属製はデスクの中の整理用として使う方が無難です。次に革製のものですが、一番主流な素材です。スーツの内ポケットに収まりが良く、名刺交換の際に取り出した時、机の上に置く場合、相手の名刺を添える場合いずれの場合も見栄えがします。大事に手入れをしながら使えば素材に風格が出てそれが相手に頼りになる印象を与えます。布製は耐久性に優れ実用的ですが少しチープな印象を与えます。落ち着いたビジネスマンなら革製がベストでしょう。

デザインもいろいろありますのでスマートに選択しましょう

形状ですがポケットが二つあるものが好ましいです。自分の名刺と相手からいただいた名刺を入れるポケットが二つあると整理整頓がしやすくなるからです。その際、二つ折りタイプでも折れ無しタイプでも構いませんが二つ折りタイプの方が名刺を保護しやすいです。次に厚さですがマチがついて大量に収納できるタイプの物と、薄めのものがあります。大量収納タイプは便利な面がありますが、スーツ内ポケットにしまった際にスーツのシルエットが崩れるのと、相手に野暮ったい印象を与えます。薄すぎるのも問題ですが、20枚前後入るぐらいのものが一番スマートな印象を相手に与えます。色についてはビジネスの場で使うということを考えると当然のことながら派手な色はや奇抜なデザインは避けるべきでしょう。黒、茶など落ち着いた大人の男性が持ってもおかしくない色を選ぶべきです。ビジネスシーンでは名刺入れ一つ取っても相手があなたの人柄を判断する材料にします。ぜひ上記をふまえてあなたに相応しい名刺入れを選択してください。