自分に合った名刺入れの特徴や種類と探し方

仕事をしている方は特に、名刺のやり取りが多くなることでしょう。そのような場合に必要になるのが名刺入れです。相手にお渡しするときに名刺が曲がったり汚れたりしていればあなたの印象も悪くなってしまいがちです。きれいに保管しておけるようにケースを用意しておく必要があります。そうはいっても名刺の使い方は人それぞれです。仕事で使うばかりではなく、プライベートで使う方も多いでしょうし、仕事の仕方によっても使い方は大きく異なるでしょう。使い方が変われば必要なケースの形は異なってきます。自分の使い方に合ったケースを選ぶことが必要になります。用途や使い方に応じて、どういった特徴があるものを選んだらよいのか、どのように探したらよいのかという事を見ていきましょう。

持ち運びに便利な特徴があるものを

名刺交換が頻繁にあるという方は、常に名刺を持っておきたいものです。いつビジネスのチャンスがやってくるかは予想ができません。ポケットに忍ばせておけるようなコンパクトなものを選ぶとよいでしょう。大きすぎるとかさばってしまい、ポケットが膨らんで不恰好に見えてしまいます。スリムなものならスマートに持ち歩けます。それほど名刺交換の回数は多くないけれどいつ起こるかわからないため備えておきたいというときには、財布などに名刺入れも兼ねられるものがありますので、そういったもので備えておくとよいでしょう。別途名刺交換が多いときには名刺入れを別に持ち、普段は財布などでかねておくという事もできます。持ち運ぶときにどうか、という視点から見て選んでいくことも必要でしょう。

使い勝手もしっかりチェックして

名刺交換はスムーズに行いたいところです。名刺入れも使い勝手を重視して選んでいきましょう。硬めの素材でできているケースなどは、中の名刺が取り出しやすいようにくぼみや切れ目が入っているものを選ぶとスムーズに取り出しやすくて便利です。また、名刺交換と同時にメモなどを行うケースが多いときには、メモとペンも一緒に収納できるようなケースを使うのもおすすめです。どうせ一緒に持ち歩くものなら一つのケースにまとめたほうが持ち歩きやすいかもしれません。カラーや素材なども選ぶ際には重視したいポイントです。プライベートなら派手な色柄も楽しめますが、ビジネスの場ではやはりベーシックなカラーにしたほうが無難でしょう。相手の目にも触れやすいので、良い素材のものを選んでおくと印象アップにもつながります。